ホーム » 2017 » 6月

月別アーカイブ: 6月 2017

神戸で行った薬剤師さんのはなし~

30代初めごろ、原因不明の蕁麻疹で10日ほど入院したことがあった。
原因は不明だが恐らくその直前に飲んだ痛み止めによる薬疹であろうとの診断。
肌はボコボコ、高熱もだし、緊急入院。
痒いどころではない。
痒いは通り越すと痛みに変わるんだよー(涙)
11月なのに保冷剤で全身を冷やす日々。
体が温まると全身が痒くなるから。

体中の蕁麻疹が消えるのに3か月はかかった。
まさが薬が原因でこんな目にあうなんて!!

それ以来、初めて行く調剤薬局ではかならずその薬品名を書き、同じ成分が入った薬をもらわないように注意してきた。

先日インフルエンザBを息子からもらったおかげで極度の鼻づまりと咳に見舞われた後、生まれて初めて中耳炎にかかった。
耳の裏あたりに激痛…これが中耳炎かぁ。
一度行ったことがある耳鼻科で、もちろん薬にアレルギーがあることも最初のカルテ作成のときに知らせた。
処方箋をもらい、調剤薬局に提出。
しばらく待った後名前を呼ばれていざ処方された薬を確認してみると・・・

「あの、この薬、わたしダメです、多分…」
「えっ、アレルギーですが?確認します!」

ものの見事に私が「アレルギーの疑いあり」と記入したはずの薬が痛み止めとして処方されたいた。
「先生に確認とれました!今すぐお薬準備しますね」

薬剤師さんがすぐに対応してくれて、電話で医師に確認、新しい薬を処方してくれました。素早い対応でした。

この薬局に初めて来たとき、書類に書いたんだけどな~。
耳鼻科にも初診のときに、アレルギーありますって書いたんだけどな~っとは一瞬思いましたが
本当にお薬の飲み合わせや、食べ物でのアレルギーなど色々な質問にも答えてもらいました。
こちら側が思い込んでいたこともあり、良かったです。

しかし私がまだ薬のことを把握してない子どもだったら
たとえば私が薬のことなんてまるで把握してない高齢のおばあちゃんだったら

知らずに服用して、今度は蕁麻疹どころじゃすまなかったかもしれない。
アナフィラキシーおこして、重体なんてことも、あったかもしれない。
そうならないように、素晴らしい薬剤師がえることを願います。
薬剤師 求人 神戸
薬アレルギーのこと、病院でもスルーされて薬局でもスルーされるのなら、
やっぱり自分の身は自分で守らなきゃいけないなぁ
と、実感した春の日でした…。